2012年5月21日月曜日

DoctrineのexecuteとfetchOneの違い

返ってくる結果が1件のみのSQLを発行する際、executeを使ってましたが
fetchOneというのもあるので少々違いを調べてみました。

execute
→結果をオブジェクト配列で返す。

fetchOne
→結果をオブジェクトで返す。

なるほど、fetchOneはオブジェクトで返されるから、get~で返り値にアクセスできる!
個人的にはfetchOneの方が楽に返り値を取得できるように思う。
今後は、一件が確定のSQLはfetchOneを使おう。

ちなみに、今回参考にしたサイトは下記です。
第8章 - モデルレイヤーの内側 (Doctrine)

0 件のコメント:

コメントを投稿