2013年6月11日火曜日

【AWS】EC2でCentOS6を使うために

OpenPNE3.6をEC2のサーバにインストールすることになり
CentOSがのっかったEC2サーバを構築することに。

普段からLinuxを使わず、かつAWSの超初心者としては、かなり×2 てこずりましたが
以下、構築の手順になります。

新しいインスタンスを Classic Wizardで作成します。


② AWS Marketplaceを選択します。





③ CentOSで検索します。


④ 検索結果から任意のバージョンを選択します。(今回はCentOS6 x86_64 with Updatesを選択)


⑤ 表示された画面の「1-Click Launch」タグで
    EC2 Instance Type、Security Group、Key Pairの設定を行います。
    また、画面右の表では料金も確認できます。
    なお、t1.microで$0.027/hrと有料の表記となっていますが
    私はアカウントを作って、1年未満のため現時点では無料で使用できています。
    ※料金がかかる場合もあるかもしれないので、自己責任でお願いします。
   設定が完了したら、Accept Terms & Launch with 1-Clickをクリックしてください。


⑥ 下記の画面が表示されたら、インスタンスが作成されています。

⑦ CentOSで作成したインスタンスが起動しています。
  初期状態ではインスタンス名が空なので、適宜名前を入力します。
  

これで、EC2でCentOSのインスタンスを使えるようになりました!
まとめると、短い工程でしたが自分にとっては難しかったです。


次回はOpenPNEをインストールする環境を構築します。


0 件のコメント:

コメントを投稿