2013年6月30日日曜日

【AWS】OpenPNE3.6のインストール環境構築

前回までの工程で、CentOSで動くEC2インスタンス作成しました。

続いて、作成したEC2インスタンスにOpenPNEをインストールする工程です。

① yumを更新
PuTTYなどを使用して、作成したEC2インスタンスにアクセスします。
下記コマンドを実行してyumを更新します。
yum update

② リポジトリを登録
OpenPNE公式サイトに載っているコマンド
rpm -ivh http://nog.dino.co.jp/dist/centos/5/dino/noarch/dino-release-1.0-1.noarch.rpm
を実行しましたが、残念ながらミドルウェアのセットアップでエラーがでてしまいました。
・・・自分だけ?
なので、今回はremiリポジトリを使用しました。
rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

③OpenPNE用のミドルウェアをインストール
登録したremiリポジトリからミドルウェアをインストールします。
yum -y --enablerepo=remi install httpd mysql-server postfix aspell curl gmp libxslt wget httpd-devel php php-cli php-common php-devel php-pear php-gd php-mbstring php-pdo php-mysql php-pgsql php-xml php-xmlrpc php-mcrypt

これで、OpenPNEをインストールする環境は構築できました。
実は②でつまずいて、ここまでに3時間を費やしています(^^;
環境構築は・・・キライですw

ちなみに、リポジトリからインストールできるphpのバージョン情報などは
事前に調べることができます。

yum --enablerepo=remi info php


remiでインストールできるバージョンは5.4.16ですね。

次回は、OpenPNEのインストールを行おうと思います!





0 件のコメント:

コメントを投稿